※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

映画『アス』にグロいシーンはある?ホラーが苦手でも見れるの?

脅える黒人女性 おすすめホラー映画

・映画『アス』にグロいシーンがあるって本当?

・あまりにグロすぎると見れないかも…

・『アス』はホラーが苦手な人でも見れるか教えて!

映画を見るときは、その映画にグロいシーンがあるか気になる人も多いはず。

結論から言うと、『アス』は年齢制限が設けられるほどのグロいシーンがあります。

そこでこの記事では、具体的にどんなシーンなのか、どの程度のグロさなのかを解説します。

この記事を読めば、あなたが『アス』を見れるか見極められますよ。

一部のシーンは紹介しますが、映画全体のネタバレはしないので安心して読み進めてください。

このブログを書いた人

映画『アス』の年齢制限はR15+

ピンクの背景でストップのジェスチャーをしている若い女性

『アス』の年齢制限はR15+で、15歳未満は鑑賞できません。

年齢制限の区分は映画倫理機構(映倫)によって、次のように分かれています。

年齢制限の区分内容
G
(G=General Audience
:すべての観客)
誰でも鑑賞可能。
PG12
(PG=Parental Guidance
:親の指導・助言)
12歳未満の鑑賞は親の助言や指導が必要。
小学生未満には刺激の強いシーンを含む。
R15+
(R=Restricted
:閲覧制限)
15未満の鑑賞は禁止。
中学生未満には刺激の強いシーンを含む。
R18+
(R=Restricted
:閲覧制限)
18歳未満の鑑賞は禁止。
極めて刺激の強いシーンを含む。
参考:映画倫理機構「映画4区分の概要

つまり、『アス』は「15歳未満が見るには適さない刺激の強いシーンを含んでいる」ということです。

映画倫理機構によると、『アス』は以下の理由で年齢制限が定められています。

刺激の強い殺傷の描写がみられ、標記区分に指定します。

映画倫理機構(映倫) 「審査作品」 アス 2022/9/20

※標記区分とは、「R15+(15歳未満は鑑賞不可)」のこと。

かおす
かおす

では具体的にどんなシーンがあるのか見ていこう。

映画『アス』はグロいシーンがある

脅える黒人女性

『アス』はビーチを訪れた家族が自分たちと瓜二つの人々”アス”に襲われる恐怖を描いた作品です。

アスは主にハサミを使って襲ってくるので、人がハサミで刺されるシーンがあります。

血が勢いよく噴き出すシーンはないものの、血が出ているシーンは多いです。

なので、血が苦手な人は結構グロいと感じるかもしれません。

ホラーが苦手な人の中でも、血が苦手な人は『アス』の視聴を控えるか、グロいシーンだけ飛ばしましょう。

「アスじゃなくてもいいから、グロいシーンがないホラー映画見たい!」

こういった人は以下の記事を参考にしてください。

>>【グロ耐性がなくても大丈夫!】グロなしのホラー映画10選

Twitterで「アス 映画 グロ」と検索した結果

中が白く空いている吹き出し

Twitterで「アス 映画 グロ」と検索した結果は以下の通りです。

やはり「グロい」という声は多かったです。

まとめ:映画『アス』は血が苦手な人にはおすすめできない

この記事では、『アス』にどんなグロいシーンがあるのか、どの程度のグロさなのかを解説しました。

『アス』は人がハサミで刺されて血が出るシーンがあります。

なので、血が苦手な人はグロいと感じると感じる可能性が高いです。

ホラーが苦手な人の中でも、血が苦手な人は『アス』の視聴を控えるか、グロいシーンだけ飛ばしましょう。

▼グロいシーンがないホラー映画が見たい人は以下の記事をどうぞ。

>>【グロ耐性がなくても大丈夫!】グロなしのホラー映画10選

▼『アス』が見れる動画配信サービスを知りたい人は以下の記事をどうぞ。

>>【2023年最新】映画『アス』が無料で見れる動画配信サービスはここ!

コメント