※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

映画『ブラック・フォン』に気まずい・グロいシーンはある?年齢制限はかかってるの?

映画『ブラック・フォン』のワンシーン おすすめホラー映画
(C)2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
あなた
あなた

映画『ブラック・フォン』は気まずかったり、グロかったりするシーンはあるの?

映画を見るときは、ラブシーンやグロい描写があるか気になる人も多いはず。

この記事では、実際に『ブラック・フォン』を見た私が、気まずいシーンやグロいシーン、年齢制限があるかを解説します。

この記事を読めば、『ブラック・フォン』を誰かと一緒に見ても大丈夫か、グロ耐性がなくても楽しめるかがわかります。

かおす
かおす

3分で読めるから、どんなシーンがあるか知りたい人はぜひ最後まで読んでね。

このブログを書いた人

12歳未満が『ブラック・フォン』を見るのは注意が必要

大人と子どものアイコン

『ブラック・フォン』は誰でも気軽に見れる作品ではありません。

なぜなら、PG12(12歳未満の年少者が見るには親の助言・指導が必要)に指定されているからです。

映画の年齢制限を定める映画倫理機構(映倫)によると、『ブラック・フォン』がPG12に指定されている理由は以下の通りです。

簡潔な殺傷・出血及び薬物吸引の描写がみられる

映画倫理機構(映倫) 「審査作品」 ブラック・フォン 2023/5/1

つまり、「殺傷や出血、薬物吸引シーンがあるから、小学生が見るときは注意してね」ということになります。

もし小学生のお子さんと一緒に見る場合は、事前に見て「子どもに見せても大丈夫か」をチェックすると良いでしょう。

事前に見るのが面倒な人は、本記事の『ブラック・フォン』は少しグロいシーンがあるという見出しを参考にどうぞ。

こちらでは、具体的にどんな殺傷・出血描写があるかを解説しています。

『ブラック・フォン』に気まずいシーンはない

映画を見る人々のアイコン

『ブラック・フォン』は誰かと一緒に見ても全く問題ありません。

なぜなら、キスシーンやラブシーン、ベッドシーンなどの気まずくなる描写がないからです。

ぜひ家族や恋人、友達と一緒に『ブラック・フォン』を楽しんでください。

『ブラック・フォン』が見れる動画配信サービスについてはこちらで詳しく解説しています。

『ブラック・フォン』は少しグロいシーンがある

血管のアイコン

グロ耐性がない人が『ブラック・フォン』を見るときは少し注意が必要です。

なぜなら、誘拐犯に殺された子どもが血まみれの幽霊となって出てくるシーンがあるからです。

特に、血が苦手な人は気持ち悪くなってしまう可能性があります。

グロ耐性がない人は『ブラック・フォン』を見るのを控えるか、グロいシーンだけ飛ばしましょう。

「ブラック・フォンじゃなくていいから、グロいシーンがないホラー映画を見たい!」

こういった人は以下の記事を参考にしてください。

>>【グロ耐性がなくても大丈夫!】グロなしのホラー映画10選

グロいシーンに関するTwitterの声

グロいシーンに関するTwitterの声は以下の通りです。

かおす
かおす

やはり「グロかった」という声があるね。グロ耐性がない人は注意しよう。

筆者はグロいシーンをどう感じた?

私は血まみれの子どもの幽霊を見ても、全くグロいとは感じませんでした。

理由は「血がピュッと飛び散るようなスプラッター描写がなかったから」だと思います。

血もそこまで生々しい感じはしなかったので、よほど血が苦手でなければ大丈夫でしょう。

まとめ:グロ耐性がない人が『ブラック・フォン』を見るならやや注意

この記事では、実際に『ブラック・フォン』を見た私が、気まずいシーンやグロいシーン、年齢制限があるかを解説しました。

『ブラック・フォン』に気まずいシーンはありません。

しかし、年齢制限があり、誘拐犯に殺された子どもが血まみれの幽霊となって出てくるシーンがあります。

なので、血が苦手な人は少し注意が必要です。

グロ耐性がない人は『ブラック・フォン』を見るのを控えるか、上記のシーンだけ飛ばしましょう。

▼グロいシーンがないホラー映画を見たい人は以下の記事をどうぞ。

>>【グロ耐性がなくても大丈夫!】グロなしのホラー映画10選

▼『ブラック・フォン』が見たい人は以下の記事をどうぞ。

>>【2023年最新】映画『ブラック・フォン』が見れる動画配信サービスはここ!

コメント